更年期サプリ|今すぐ簡単にできる予防と対策を紹介

更年期になりやすい怖い病気とは

更年期には女性が気をつけたい病気があります。女性ホルモンは女性の健康を保つために重要な働きをしています。

それは、入選や子宮、妊娠や出産の機能に深く関わっているからです。

また、血管や皮膚など生殖には関係のない臓器や組織にも作用しています。

更年期と呼ばれる、45~55歳以降では、女性ホルモンのエストロゲンが減少するために機能していた臓器や組織に影響があらわれることが多いです。

また、これまで考えてもみなかったような病気にかかるリスクが高くなってしまいます。

骨粗鬆症

女性ホルモンのエストロゲンの働きとしては骨密度を保つ働きがあります。

そのためエストロゲンの分泌量が減少してしまうために、骨粗鬆症にかかりやすくなってきます。

骨粗鬆症は自覚症状のすくない疾病で骨折してからはじめて気がつく人も多いです。

女性ホルモンが減少するためにあらわれる病気としては、子宮筋腫など40代にあらわれることも多いです。

子宮筋腫はエストロゲンの影響によって筋腫の大きくなる病気です。

月経時には不快症状が強くあらわれることが多いです。

そのてめ、定期的に病院で検診することがおすすめです。

ほかにも、子宮体がん、卵巣がん、乳がん、脳卒中、虚血性心疾患などの病気が出現しやすいです。

精神的疾患

エストロゲンが減少してくるとストレスに弱くなってきます。

そのため感情をコントロールしにくくなってきます。

更年期という時代には、周囲の環境も大きくことなってくることも多く、子どものこと、親の介護のこと、相続や老後の心配など抱えている問題にともなってストレスの多い時期でもあります。

そのため、精神的にも安定しずらくなって、イライラや逆に気持ちが塞ぎこんだり、家に閉じこもったり、人に合うのもつらくなることも多いです。

精神症状をやわらげるには、婦人科や精神科などを受診して向精神薬やカウセリングを受けることもあります。

また、この年代の悩みはひとりで解決しようとせずに、家族や友人、婦人科や精神科の医師などに打ち明けて話すことも大切です。

Scroll To Top