更年期サプリ|今すぐ簡単にできる予防と対策を紹介

更年期の症状が惹起する原因とは何かについて?

更年期

更年期は何が原因で起こるのでしょうか?

一言で簡単に言うと閉経が接近して間近になると卵巣機能が低減することにより起こります。

卵巣の機能が低減することで女性ホルモンの一種、エストロゲンの分泌量が減少し、心身に多種多様な症状を惹起します。

更年期障害

女性の健康状態や半生は女性ホルモンと月経周期によってコントロールされています。プロゲステロンとエストロゲンのバランスを保持することにより月経が維持され、妊娠できる状態になり同時に女性らしい体型になります。

殆どの女性はこのホルモンバランスの乱れで月経不順やイライラ、下腹部痛といったトラブルを抱えたことがあるはずです。

更年期はそうしたホルモンバランスの乱れが体にメカニズムの原因でどんどん進行して行くのです。

エストロゲンは皮脂の分泌量のコントロール、コラーゲンの生成の促進、子宮の健康と衛生状態を維持する、骨の密度を保持する働きのほか、精神状態を安定させるといった作用も備えています。

これが卵巣機能の低下により低減することでこれまでエストロゲンによって維持されていた健康状態があちこちで問題を抱えるようになるのです。

コラーゲンや皮脂の分泌量が低減すれば肌トラブルを抱えやすくなりますし、子宮の健康状態が低下すれば炎症が生じやすくなり、骨の密度が低下すれば骨粗しょう症の危険性がハイレベルになります。

女性らしい体型も保持できなくなり、乳房の萎縮も惹起します。

さらに付け加えて言いたいのは、脳と卵巣との関係にトラブルが生じることも更年期を惹起してしまう大きな原因だそうです。

本来ホルモン分泌は脳の視床下部の指令が下垂体やホルモン分泌を促すホルモンの作用により卵巣にまで届くことで実行されます。

しかし卵巣機能が低減していると脳からの指令に応答できずに必要なだけのエストロゲンを分泌できなくなるのです。

その結果脳の指示と実際の体の状態の間にズレが発生し、その結果自律神経の乱れを惹起します。

イライラや集中力の低減、倦怠感、うつ症状という心理的な症状や、血の巡りの悪さによる肩こり、頭痛などはこの自律神経の乱れによるものと言われています。

女性ばかりがこういうことになってしまうのは何故かについて?

更年期が訪れた途端、多種多様な症状に見舞われ、今までの健康な生活は一挙に破壊されて行き心身ともに危険な状態になることもよくあります。

これは女性の体のメカニズムの変化により惹起するため回避できない面もあります。

Scroll To Top