更年期サプリ|今すぐ簡単にできる予防と対策を紹介

更年期の気になる疑問を紹介!!

女性は30歳を過ぎると、からだの臓器が衰退の過程に入ります。

個人差はありますが、40歳から50歳頃に閉経を迎えます。この閉経前後の時期のことを更年期といいます。

更年期を迎えると、卵巣機能の低下により、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が低下し、卵胞刺激ホルモンの増加という、ホルモンのアンバランスが起こり、自律神経系に影響を与えます。

そのため、更年期の時期はからだにいろいろな症状が起きてしまうのです。

更年期症状を詳しく

更年期症状は多岐にわたり、月経異常、更年期出血、萎縮性膣炎、排尿障害、精神神経症状、自立神形失調症状などがあります。

精神神経症状のイライラやうつ、不眠などや、自律神経失調症状の頭痛、しびれ、めまい、吐き気、顔がほてる(のぼせ)、むくみ、汗をかきやすい、動悸なども起こる場合があります。

この卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌の低下は精神症状や自律神経失調症状に影響するだけでなく、骨からカルシウムが溶けだし、骨粗しょう症になってしまったり、内臓脂肪が増えてしまうことで、肥満や高血圧、糖尿病になってしまったり、LDLコレステロールや中性脂肪が増えてしまうことで高脂血症、動脈硬化を起こしたりと、いわゆる生活習慣病をひきおこすこともあります。

更年期症状の治療

病院では、これらの症状を軽くするために、鎮静剤やホルモン剤投与が行われることもあります。

特にホルモン投与は年齢とともに低下してくる女性ホルモンを補充し、ホルモン不足による様々な症状を軽減する治療法を行います。

更年期って女性みんなに起きるもの?

更年期の症状はすべての女性にあらわれるわけではありません。何の症状も起きずに過ごす方もしますし、症状があらわれても軽い方、重い方がいらっしゃいます。

まずは女性として、自分自身で更年期症状と向き合い、ふつうに日常生活を送ることで症状が軽くなる場合もあるようです。

からだも心も健康な状態で迎えることが、更年期の症状を和らげる一つではないかともいわれています。

更年期症状を期に、健康診断をすることをお勧めします

更年期を迎える年代は、生活習慣病にかかりやすい年代でもあります。ぜひとも健康診断も兼ねて病院へ行ってみてください。

更年期障害というと病院の敷居が高い感じがして…そんなことはまったくありません。女性だからこそ起きる症状でもあるのです。

民間療法もありますが、漢方などは服用している薬やサプリメントとの飲み合わせもあります。やはり一度医師や、薬剤師に相談することが無難です。

どうしても症状が辛い時、あれ?と感じた時、病院へ行くことで、お話を聞いてもらうことで症状が緩和することもあります。

Scroll To Top