更年期サプリ|今すぐ簡単にできる予防と対策を紹介

更年期の症状が惹起する原因とは何かについて?

更年期

更年期は何が原因で起こるのでしょうか?

一言で簡単に言うと閉経が接近して間近になると卵巣機能が低減することにより起こります。

卵巣の機能が低減することで女性ホルモンの一種、エストロゲンの分泌量が減少し、心身に多種多様な症状を惹起します。

更年期障害

女性の健康状態や半生は女性ホルモンと月経周期によってコントロールされています。プロゲステロンとエストロゲンのバランスを保持することにより月経が維持され、妊娠できる状態になり同時に女性らしい体型になります。

殆どの女性はこのホルモンバランスの乱れで月経不順やイライラ、下腹部痛といったトラブルを抱えたことがあるはずです。

更年期はそうしたホルモンバランスの乱れが体にメカニズムの原因でどんどん進行して行くのです。

エストロゲンは皮脂の分泌量のコントロール、コラーゲンの生成の促進、子宮の健康と衛生状態を維持する、骨の密度を保持する働きのほか、精神状態を安定させるといった作用も備えています。

これが卵巣機能の低下により低減することでこれまでエストロゲンによって維持されていた健康状態があちこちで問題を抱えるようになるのです。

コラーゲンや皮脂の分泌量が低減すれば肌トラブルを抱えやすくなりますし、子宮の健康状態が低下すれば炎症が生じやすくなり、骨の密度が低下すれば骨粗しょう症の危険性がハイレベルになります。

女性らしい体型も保持できなくなり、乳房の萎縮も惹起します。

さらに付け加えて言いたいのは、脳と卵巣との関係にトラブルが生じることも更年期を惹起してしまう大きな原因だそうです。

本来ホルモン分泌は脳の視床下部の指令が下垂体やホルモン分泌を促すホルモンの作用により卵巣にまで届くことで実行されます。

しかし卵巣機能が低減していると脳からの指令に応答できずに必要なだけのエストロゲンを分泌できなくなるのです。

その結果脳の指示と実際の体の状態の間にズレが発生し、その結果自律神経の乱れを惹起します。

イライラや集中力の低減、倦怠感、うつ症状という心理的な症状や、血の巡りの悪さによる肩こり、頭痛などはこの自律神経の乱れによるものと言われています。

女性ばかりがこういうことになってしまうのは何故かについて?

更年期が訪れた途端、多種多様な症状に見舞われ、今までの健康な生活は一挙に破壊されて行き心身ともに危険な状態になることもよくあります。

これは女性の体のメカニズムの変化により惹起するため回避できない面もあります。

これって更年期かしら?私の体験した3つの症状

更年期体験談


突然汗かきに・・・

42歳の夏、大量の汗をかくようになってしまいました。

毎日お風呂で全身を洗っても、自分が汗臭いのです。その臭いが気になり、人と会うのが苦手になってしまいました。

デオドラント用品もいろいろ使ってみましたが、かえって臭いがひどくなることもありました。

結論としては、そんなに強くないデオドラント用品を使うほうがよいようです。

除菌しすぎるとよい菌まで除いてしまうので、悪い菌が繁殖しやすくなり、かえって臭いがきつくなるようです。

消化不良

もともと胃が丈夫な体質ではなかったのですが、汗かきになった翌年は消化不良に悩まされました。

ストレスもあったのかもしれませんが、突然胃腸の動きが悪くなり、食べたものが消化されなくなりました。

毎日胃が重く、口臭もひどくなり、便秘と下痢を繰り返すようになりました。

口臭がひどいので人前で話すことが苦手になり、それがまたストレスになりました。

対策としては暴飲暴食はやめ、常に腹八分目を心がけることです。

最初のうちは思いっきり食べれないことでストレスにもなりましたが、慣れてくればダイエットにもなるので一石二鳥です。

イライラ、うつ

体臭、口臭がひどくなり、あまり人と接するのがおっくうになってくると、家に引きこもりになり、イライラが増し、軽いうつ状態になります。

体力がなくなってくることで、いろいろな不安が湧いてきます。

仕事を持っている方はそれでも人と接する機会があるからいいのですが、私のように子育て中の主婦は、家族以外誰とも話さずに終わる日も多いです。

そうするとイライラの矛先は大切な家族に向いてしまうので大変です。

私はヨガでこの状態から脱出しました。ヨガは身体を鍛えることでもあるけど、心を鍛えるものでもあるんです。ゆっくり呼吸して身体を動かす。

ゆったりと音楽を聴きながら身体を動かし汗をかくと、体の中にいたイライラやプチうつが消えていきます。そして自信が湧いてきます。

私もまだまだ更年期真っ最中で、これからまだ未知の症状が出てくると思いますが、ヨガで学んだ精神で乗り越えられそうです。

更年期を少しでも快適に!3つの治療法と対策とは

更年期

日本人女性において閉経が起こる平均年齢は50歳前後で、その前後5年間、45-55歳を更年期と呼びます。

更年期の時期には女性ホルモンの1つであるエストロゲンが減少するため、のぼせや発汗、動悸、めまい、イライラなどの様々な症状が出ます。

これらの更年期に起きる症状のことを更年期障害と言います。更年期障害には病院でできる治療法と自分でできる対策法があります。

今回は治療法と対策について3つずつ紹介したいと思います。

更年期障害に対する3つの治療法

更年期障害は女性ホルモンであるエストロゲンが減少することによって起こるため、エストロゲンを内服薬や貼付薬で補充するホルモン補充療法は根本的な治療として期待されています。

エストロゲンのみを補充すると乳がんや子宮がんのリスクが上昇するため、もう1つの女性ホルモンであるプロゲステロンも同時に補充する方法が一般的です。

更年期障害に伴うほてりやのぼせ、動悸に効くだけでなく、骨粗鬆症の予防やコレステロールの抑制にも効果があると言われています。

ホルモン補充療法以外には、漢方薬や抗うつ薬・抗不安薬の内服が有効と考えられています。更年期障害に効果がある漢方薬はいくつか種類があるため、自分が辛いと思っている症状について医師に相談してみましょう。

更年期障害では身体症状だけでなく、イライラや不安などの精神症状が主に現れることもあります。また、うつ病を発症する可能性もあります。

症状が進行する前に抗うつ薬や抗不安薬などを内服することも更年期障害に対する治療法の1つです。

更年期障害に対して自分でできる3つの対策

更年期障害の症状は多岐にわたるので、自分で更年期障害と認識できなかったり、認識しても我慢して病院に行くのをためらってしまう女性がいます。

更年期障害の症状に悩まされながら毎日を過ごすのはあまりに辛いので、まずは自分でできる対策をしてみましょう。

更年期障害に対して自分でできる3つの対策とは、生活習慣の見直し、適度な運動、ストレスの軽減です。

カロリーや脂質が多いバランスの悪い食事をしたり、睡眠不足を続けていると更年期障害の症状が出やすいと言われています。

野菜やビタミン、ミネラルなどを意識して多く摂るようにすると良いです。また、ウォーキングや水泳などの有酸素運動はホルモンバランスによって乱れた自律神経の働きを整え、呼吸器系や循環器系にも良い影響を与えます。

ストレス発散がうまくできなかったり、神経質になりすぎると更年期障害に伴うイライラや憂うつな気分を悪化させる可能性があります。

お風呂にゆっくりつかる、家事や仕事を時に手抜きをして自分に甘くするなど心の持ち方で更年期障害をうまく乗り切れるかもしれません。

まずは自分でできる対策を試してみて、それでも症状が辛い時には無理をせず病院に行くようにしましょう。

更年期の気になる疑問を紹介!!

女性は30歳を過ぎると、からだの臓器が衰退の過程に入ります。

個人差はありますが、40歳から50歳頃に閉経を迎えます。この閉経前後の時期のことを更年期といいます。

更年期を迎えると、卵巣機能の低下により、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が低下し、卵胞刺激ホルモンの増加という、ホルモンのアンバランスが起こり、自律神経系に影響を与えます。

そのため、更年期の時期はからだにいろいろな症状が起きてしまうのです。

更年期症状を詳しく

更年期症状は多岐にわたり、月経異常、更年期出血、萎縮性膣炎、排尿障害、精神神経症状、自立神形失調症状などがあります。

精神神経症状のイライラやうつ、不眠などや、自律神経失調症状の頭痛、しびれ、めまい、吐き気、顔がほてる(のぼせ)、むくみ、汗をかきやすい、動悸なども起こる場合があります。

この卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌の低下は精神症状や自律神経失調症状に影響するだけでなく、骨からカルシウムが溶けだし、骨粗しょう症になってしまったり、内臓脂肪が増えてしまうことで、肥満や高血圧、糖尿病になってしまったり、LDLコレステロールや中性脂肪が増えてしまうことで高脂血症、動脈硬化を起こしたりと、いわゆる生活習慣病をひきおこすこともあります。

更年期症状の治療

病院では、これらの症状を軽くするために、鎮静剤やホルモン剤投与が行われることもあります。

特にホルモン投与は年齢とともに低下してくる女性ホルモンを補充し、ホルモン不足による様々な症状を軽減する治療法を行います。

更年期って女性みんなに起きるもの?

更年期の症状はすべての女性にあらわれるわけではありません。何の症状も起きずに過ごす方もしますし、症状があらわれても軽い方、重い方がいらっしゃいます。

まずは女性として、自分自身で更年期症状と向き合い、ふつうに日常生活を送ることで症状が軽くなる場合もあるようです。

からだも心も健康な状態で迎えることが、更年期の症状を和らげる一つではないかともいわれています。

更年期症状を期に、健康診断をすることをお勧めします

更年期を迎える年代は、生活習慣病にかかりやすい年代でもあります。ぜひとも健康診断も兼ねて病院へ行ってみてください。

更年期障害というと病院の敷居が高い感じがして…そんなことはまったくありません。女性だからこそ起きる症状でもあるのです。

民間療法もありますが、漢方などは服用している薬やサプリメントとの飲み合わせもあります。やはり一度医師や、薬剤師に相談することが無難です。

どうしても症状が辛い時、あれ?と感じた時、病院へ行くことで、お話を聞いてもらうことで症状が緩和することもあります。

更年期障害のイライラ対策と2つの毎日出来ること

更年期とイライラ

自分自身に更年期障害のあらゆる症状が出ることはある程度予想されていたのですが、自分でも驚くほどでした。

ほてりや、真夏でも寒く感じるときなど、少しの気分の落ち込みなどなどありますが、一番の悩みはイライラでした。

イライラした状態では家庭内にも影響が出ますので、勿論家族の理解は必要でしょうが、私の場合はイライラ対策として、一つはとにかく体を動かして少し気分が落ちてきた頃に時間などは殆ど関係なく掃除をすると言うことです。

何もしたくない。

夕方になると、とても気分が落ち込みだしますがその時に、無理にでも台所のシンクの掃除や、床の拭き掃除などをすると、少し気分が落ち着きます。

トイレの掃除は、幸運を呼びますから、いつも綺麗に保つように、力いっぱい掃除をしてその日一日の気分を上げるように。

二つ目は、何もしたくないなーと思っても、必ず自宅近くの公園まで歩いていくことです。

毎日同じ公園に行っても季節の変わり目などが如実にわかりますし、調子がいいときはもっと遠くまで歩いていってみようかなーと言う気分になります。

何もしたくないからといって本当に何もしないと、どんどん駄目になると思うので、ほんの少し。一日のうちでイライラしているときは、ほかの事に気を移し、紛らわせる事は非常に大切だと思います。

勿論夕方から気分が落ちてくるのは大体予想できるので、出来ることなら、午前中に出来ることはやってしまうようにして、夕方以降は自分自身には何もさせないのが、一番いいのかもしれませんね。晩御飯の支度や、夜のうちの洗濯、入浴、アイロンがけなど等は、夕方前に!

私の場合は、漢方薬や、その他の薬などは服用するほどではないので、あまり参考にならないかもしれませんが、ほんの少しだけの出来ることを毎日積み重ねて行くことによって自分の体の変化を理解して上手に付き合うことができるようになるのではないでしょうか?

更年期の人はめまいになりやすいの?原因は?

更年期とめまい

更年期に関わる症状はいくつも知られていますが、その中でも多くの女性が悩まされているのが、めまいです。

更年期に近づいてくるお年頃から、このめまいを経験する女性は、決して少なくないようです。

その意味ではありふれた症状ではありますが、その不快感は経験した人でないと、わからないものかもしれません。

めまいのタイプや対処法など、いくつかあげてみましょう。

めまいの3タイプ

ひとくちにめまいといっても、その症状によって大きく3つのタイプにわけることができます。

ひとつは回転性のめまい。ぐるぐる回るように感じるタイプのめまいです。

自分が回っているようにも、また周囲が回っているようにも感じます。

実際、このめまいが起こっている時は、眼振といって眼球がぶれて動いている状態にあるようです。

次は浮動性めまい。ふわふわふらつく感じのめまいです。

ふわふわした感じがしてふらつき、まっすぐに歩けないというのがこのタイプです。

もうひとつは立ちくらみがするタイプのめまいです。立ち上がるとクラっとして、目の前が暗くなる、時には失神するようなこともあります。

めまいに対処する薬は

めまいがおこった時には、病院に行くとどのような薬を処方されるのでしょうか。

症状によっていくつかありますが、まず脳や内耳の血流を増やす作用のある抗めまい薬があります。

また、特に回転性めまいにある吐き気に対応するための、吐き気止めがあります。

そしてめまいは一度経験すると、再発したときに対する不安感が大きいものですが、その不安感はさらにめまいを悪化させる要因ともなり得るため、抗不安薬が処方されることもあります。

このほか、「真武湯」「半夏白朮天麻湯」「苓桂朮甘湯」などの漢方薬も、めまいに用いられます。

これらは体質や状態によって使い分けることによって、功を奏します。

薬以外の治療法は

比較的多い「良性発作性頭位めまい症」では、内耳の半規管にある耳石の位置が動くことが原因とされているため、耳石を正しい位置に戻す理学療法が行われることがあります。

また、あえて眼やからだを積極的に動かして、平衡感覚を強化するような訓練も行われます。

更年期の皮膚のトラブル対策3つをお伝え!

更年期になると、皮膚の乾燥や肌荒れが多くなってきます。

これは年をとることによって、肌の代謝が衰えることにもよりますが、実は女性ホルモンの変化も関係しています。

そこで、この更年期の皮膚のトラブルの対策を3つお伝えします。

肌の保湿

肌トラブルを防ぐための基本ケアは、保湿です。肌の調子が少しでも思わしくないときには徹底的に保湿ケアをした方が良いです。

入浴後には、ボディミルクなどで体のすみずみまで保湿ケアをします。

顔は特にデリケートなので、ローションでたっぷり水分補給をしたら、蒸発しないようにクリームなどでフタをしてあげるのが良いです。

ちなみに私の母は、メナード化粧品のつき華シリーズを使っています。

体や顔を洗うときには、ゴシゴシこすると必要な皮脂を奪い角質層を傷つけてしまう恐れがあるので、たっぷりの泡でやさしくなでるように汚れだけを吸着させます。

小鳥を触るような感じです。

湯船も洗い流すお湯も、皮脂が奪われにくいようぬるめにするのがオススメです。

十分な睡眠

睡眠不足が続いていると、肌の新陳代謝も乱れてしまいます

。睡眠中に成長ホルモンが分泌されますので、肌の調子が悪いときや、乾燥が気になるときこそしっかりと睡眠をとるようにするのが良いです。

かゆみがひどくて睡眠が十分にとれない場合は、まずはかゆみを止めるためにも皮膚科を受診することが優先です。

かゆみ止めを利用する他、乾燥がかゆみを招きますので、就寝前にはしっかりと保湿ケアすることが大切ですね。

紫外線対策

紫外線は肌のハリや弾力を作り出す成分を破壊します。

また、長時間紫外線にさらされていたり強い紫外線を浴びたりすると、メラニン色素が過剰に生成され、しみやそばかすの原因となります。

日傘、日よけの手袋や日焼け止めなどを利用して紫外線予防を常に心がけることが大切です。

紫外線は晴れている日だけでなく、曇りの日でも降り注ぎます。

また、窓を通って室内にも侵入するため、日光の下に出る時以外も油断は禁物ですね。

これらのことを気をつけるだけでも、だいぶ更年期の皮膚のトラブル対策になると思いました。

これは更年期に限らず、若い世代や老若男女にも効果的だと思います。

更年期になってからの不正出血!なぜ不正出血は起きるのか?その理由を2つお伝え!!

更年期

若い世代には、生理がなかなかこなかったり、生理不順だったりと、そういう経験も多々あったのではないでしょうか。

実は更年期に入っても不正出血するようになったという方も案外多いようです。

その理由について2つお伝えします。


ホルモンのバランス

更年期にはホルモンバランスが乱れがちになります。

若いときは、ストレスなどで、ホルモンバランスが崩れて、不正出血になると思いますが、更年期になるとストレスなどに関係なく閉経が原因でホルモンバランスが乱れます。

そのため、更年期になって急に不正出血するようになったという方も多いです。

若い世代(20代〜30代)は排卵日から数えて、生理と不正出血を見分けるのはそれほど難しくはないですが、更年期になると、生理周期自体がマチマチになったり、無排卵月経で排卵日からの計算ができないなどのデメリットがあります。

そのため生理と不正出血を見分けるのは簡単ではありません。

他の病気を持っている場合

更年期が原因の不正出血は、体の異常によるものではないけれど、病気が原因の場合は早い段階での治療が求められると思います。

更年期が原因なので、放っておいても大丈夫だと油断すると、症状が悪化してしまうこともあるので注意が必要です。

度々不正出血が続くときは、念のために医療機関で診察を受けたほうが良いです。そして定期的な健康診断は受けた方が良いです。

病気はとくに、萎縮性膣炎、子宮体がん、子宮頸がんなども閉経後、腰痛や腹痛を伴う出血を起こす場合があります。

女性は閉経後には「出血はしない」とも言われていますので、様々な病気や特有の症状に対して注意が必要だと思います。

私はまだ20代ですが、母が更年期に入り不正出血をしました。

病院に行って結果は何もなかったのですが、やはり少しでも気になれば、病院に行くのが一番です。

更年期になりやすい怖い病気とは

更年期には女性が気をつけたい病気があります。女性ホルモンは女性の健康を保つために重要な働きをしています。

それは、入選や子宮、妊娠や出産の機能に深く関わっているからです。

また、血管や皮膚など生殖には関係のない臓器や組織にも作用しています。

更年期と呼ばれる、45~55歳以降では、女性ホルモンのエストロゲンが減少するために機能していた臓器や組織に影響があらわれることが多いです。

また、これまで考えてもみなかったような病気にかかるリスクが高くなってしまいます。

骨粗鬆症

女性ホルモンのエストロゲンの働きとしては骨密度を保つ働きがあります。

そのためエストロゲンの分泌量が減少してしまうために、骨粗鬆症にかかりやすくなってきます。

骨粗鬆症は自覚症状のすくない疾病で骨折してからはじめて気がつく人も多いです。

女性ホルモンが減少するためにあらわれる病気としては、子宮筋腫など40代にあらわれることも多いです。

子宮筋腫はエストロゲンの影響によって筋腫の大きくなる病気です。

月経時には不快症状が強くあらわれることが多いです。

そのてめ、定期的に病院で検診することがおすすめです。

ほかにも、子宮体がん、卵巣がん、乳がん、脳卒中、虚血性心疾患などの病気が出現しやすいです。

精神的疾患

エストロゲンが減少してくるとストレスに弱くなってきます。

そのため感情をコントロールしにくくなってきます。

更年期という時代には、周囲の環境も大きくことなってくることも多く、子どものこと、親の介護のこと、相続や老後の心配など抱えている問題にともなってストレスの多い時期でもあります。

そのため、精神的にも安定しずらくなって、イライラや逆に気持ちが塞ぎこんだり、家に閉じこもったり、人に合うのもつらくなることも多いです。

精神症状をやわらげるには、婦人科や精神科などを受診して向精神薬やカウセリングを受けることもあります。

また、この年代の悩みはひとりで解決しようとせずに、家族や友人、婦人科や精神科の医師などに打ち明けて話すことも大切です。

Scroll To Top